薄毛で悩んでいる人には植毛がおすすめ

category01

AGAなどが原因で薄毛が進行してしまった場合、多くの場合AGA治療薬や市販の育毛剤を使用して発毛を促進させるかもしれません。

ただ、AGA治療薬はすべての人に効果があるわけではありませんし、治療を中止するとまた薄毛が進行してしまうというデメリットもあります。



また、市販の育毛剤は、軽度な薄毛の場合には効果があるかもしれませんが、薄毛が進行してはげが目立つようになった状態では、なかなか効果を実感することは難しいといえます。



その他の対策として、かつらや増毛がありますが、かつらの場合は見た目の違和感や洗髪時などには取り外さないといけないなど、手間がかかってしまいます。

増毛も、定期的にメンテナンスを行わないといけません。

一方、自毛植毛は、一度施術を受ければ、その後のメンテナンスは必要ありませんし、一生自分の毛として生え続けてくれます。
もともと自分の髪の毛ですから、違和感もなく拒絶反応がないというメリットもあります。

植毛には、人工毛と自毛がありますが、人工毛を使った施術は、定着せず抜け落ちてしまったり拒絶反応が起こるリスクもあるため、現在は自毛植毛が主流となっています。

自毛植毛は、後頭部や側頭部に残っている自分の髪を、毛根ごと取り除き、薄毛が気になる部分に移植していくという外科手術です。



手術はメスを使用して採取、移植を行うFUT法や小さなパンチで穴をあけていくため、メスを使用しないFUE法があり、自分にあった方法を選択することができます。

納得の事実

category02

自毛植毛手術に使っている髪の毛は、生命力が強い後頭部や、側頭部の髪の毛になります。植毛した髪の毛は、一旦自毛植毛手術を受けた後に抜け落ちて、自毛植毛手術を受けたから、およそ数ヶ月ぐらい経過した頃に産毛として、もう一度髪の毛が生えてきます。...

subpage

耳より情報

category02

薄毛や抜け毛が気になるという場合で、育毛剤や発毛剤などを使用しても効果を得ることが出来ない、すぐにコンプレックスを解消したいという場合に行なわれるのが、植毛手術です。植毛手術には、人工毛を使用する方法と、自身の髪の毛を使用する方法があります。...

subpage

人に言いたい医療

category03

近頃は、女性でも薄毛に悩む人が増加しています。薄毛は、色々な原因によって起こりますが、毎日のヘアケア方法が原因となっていることもあります。...

subpage

意外な真実

category04

びまん性脱毛症とは頭全体の髪の毛がまんべんなく脱毛する症状のことで20〜30代の若い女性から中高年の女性まで年齢に関係なく発症します。びまん性脱毛症を発症すると髪に必要な栄養成分が不足するため細くて弱々しい髪の毛が増えてしまいます。...

subpage