薄毛の原因となるヘアケア方法

近頃は、女性でも薄毛に悩む人が増加しています。


薄毛は、色々な原因によって起こりますが、毎日のヘアケア方法が原因となっていることもあります。
薄毛が気になり始めたら、まず最初にシャンプーの仕方に問題がないかを見直すのが賢明です。



シャンプーをするタイミングは、朝シャンよりも、夜にするのがおすすめです。成長ホルモンは就寝中に分泌されるため、夜寝る前に頭皮を綺麗にしておくのは、髪の成長に良い影響を与えます。



また、毛穴詰まりの原因を落とそうと、何度もシャンプーするのもNGで、1日1回を限度とします。
シャンプーにも、ひと手間かけると、より健やかな髪の成長を促せます。


洗髪前にはブラッシングをして埃や汚れを落とし、ぬるま湯で予洗いするのが鉄則です。
そして、手のひらで泡立てたシャンプーを地肌に付け、泡で頭皮をマッサージするようにして洗います。すすぎもしっかりと、泡が残らないように流しましょう。



洗髪後は、ドライヤーでしっかり乾かすことも忘れてはなりません。

生乾きのまま放置しておくと、バクテリアが繁殖して、薄毛の原因となることもあります。

その他、頭皮を圧迫することも、薄毛の原因になります。髪をきつく結ぶと、頭皮の血行が悪くなるので、ふんわりと結ぶなど、頭皮に負担をかけないヘアスタイルを心掛けましょう。

血行を促進するために、マッサージするのも有効で、指の腹を使って、痛くない程度の刺激を与えるのが正しいやり方です。