女性の薄毛の原因と治療方法

びまん性脱毛症とは頭全体の髪の毛がまんべんなく脱毛する症状のことで20〜30代の若い女性から中高年の女性まで年齢に関係なく発症します。びまん性脱毛症を発症すると髪に必要な栄養成分が不足するため細くて弱々しい髪の毛が増えてしまいます。このびまん性脱毛症の治療にはパントガールという内服薬が使われています。

パントガールには髪をつくるために必要なケラチンやアミノ酸、ビタミンB群などの数多くの栄養素が詰まった内服薬で髪に不足している栄養を補い育毛します。パントガール以外の薄毛治療では毛髪再生医療や育毛メソセラピーなどの方法があります。



毛髪再生医療と育毛メソセラピーは毛根から採取した幹細胞の中にある成長因子を頭皮に注射する治療方法です。
150種類以上の成長因子が毛根を刺激して発毛や育毛を助けます。

また、髪を構成するために必要なタンパク質やビタミン群などの栄養素も注射するので、細くてコシがない髪質を改善し、ヘアカラーなどで傷んだ髪を補修して健康な髪へと導く効果もあります。
薄毛専門クリニックでは女性の方は男性とは別室で治療を受けることが出来るように配慮されています。この他には美容外科や一般の皮膚科でも治療を受けることができますので早めに治療を行うようにしましょう。
喫煙や飲酒、極端なダイエット、ストレスは血管を収縮させて血行不良を招きます。



頭部が血行不良になると髪に栄養が行き届かなくなり栄養が不足して薄毛の原因になります。

このような点を改善することで薄毛の症状も解消されていきます。